コラム

ユニフォームのこと、暮らしのこと、仕事のことなど、
日々の気づきをお届けします。
ちょっとした息抜きに、時には職場のお役立ち情報として、ご一読ください。
夏休みの昼ご飯づくりに終止符。 安心して使える加工食品に「ありがとう」
2019.09.01
マンスリーコラム

夏休みの昼ご飯づくりに終止符。
安心して使える加工食品に「ありがとう」

長かった子どもたちの夏休みも、やっと終わりました。今年は宿題が少しだけ残ってしまい、親として反省しています。 でも、夏休みだからこそ経験できることや、勉強の弱点克服に取り組むこともでき、充実した時間を過ごせたと思っています。 この夏、世間では「#夏休みの戦う昼ご飯」が話題となりました。 学校給食のない夏休み中は、子どもの昼食の用意に悩む保護者が多いので、昼ご飯のレシピをみんなで共有しようと呼びかけられたのです。 「#夏休みの戦う昼ご飯」には多くのレシピが投稿されているのですが、どれも手軽にできて美味しそうなラインナップ。 缶詰や冷凍食材を上手に使ってアレンジされた料理は、手軽にできて子どもも大人も満足する味わいなのだと思います。
子どもに外食や購入した惣菜ばかり与えることに、罪悪感を持ってしまう親は少なくないのではないでしょうか? 特に夏場の惣菜は味付けが濃くなっている場合もあるので、子どもの健康を考えると手づくりしたくもなります。 でも、最初から調理するのは大変。下ごしらえされた冷凍食材や、レトルトのソース、ソーセージやベーコンといった加工品などが、 時短調理にもなり本当に助かるのです。 子ども用の味付けにしたり、野菜を加えたりしてアレンジすれば、立派な夏休みの手づくり昼ご飯になりますよね!
もちろん、どんな食材も安全に加工されているからこそ、私たちは安心して料理に使えます。 食の安全とは、結局のところ衛生管理だと思うのです。 どのような環境で加工されているのか、異物混入対策は万全なのか、商品管理は適切なのか……。 食品工場には高い衛生レベルが求められます。
9月になって新学期。親たちは長かった昼ご飯との戦いから解放されました。 加工食品ありがとう。学校給食ありがとう(笑)。

WRITER 金子舞衣/コピーライター

2003年よりフリーランスのコピーライターとして活動。2004年に新聞社の産業広告大賞にて銅賞を受賞。ポータルサイトや女性ファッション誌におけるタイアップをはじめ、テーマパーク、化粧品、教育、流通、金融など、あらゆる分野の広告制作に携わる。

こんなところにも!サニクリーン

サニクリーンの食品工場向けユニフォームレンタルシステムは、 定期的なクリーニングや破損・汚損のチェックなど、高いレベルで「食の安全」を守る一方、 ユニフォーム自体にも抗菌、防臭、静電気防止機能が施されています。 帽子や上着、スラックスなどには体毛落下防止機能を加え、異物混入対策も万全。
そんな多くのメリットを知っていただくために、衛生関連の展示会にも出展しています。

「食の安全」をテーマに開催される「フードセーフティジャパン2019」に出展いたします。
9/11(水)~13(金) 東京ビッグサイト 青海展示棟H3-02ブースでお待ちしております。
フードセーフティジャパン2019についてはコチラ

この記事をシェアする
関連記事
ランキング
お問い合わせお問い合わせ
ユニフォームレンタルに関する各種お問合せや
お見積り、資料請求はこちらから。
営業時間土・日・祝日を除く10:00~16:00