コラム

ユニフォームのこと、暮らしのこと、仕事のことなど、
日々の気づきをお届けします。
ちょっとした息抜きに、時には職場のお役立ち情報として、ご一読ください。
実は心にも効く、制服のパワー。 着るたびに気持ちを切り替えて、新年度も頑張りましょう!
2018.03.01
マンスリーコラム

実は心にも効く、制服のパワー。
着るたびに気持ちを切り替えて、新年度も頑張りましょう!

少しずつ春らしい陽気も感じられるようになってきた3月。学校の卒業や職場の異動・転職といった別れの季節であり、新年度に向けて入学や就職といった出会いの季節でもあります。 環境が大きく変わらない人にとっても、なんとなく新しいスタートがきれそうな、心機一転にピッタリな時期でしょう。
先日、親族が集まる機会がありました。久しぶりに会った男の子は、4月から中学生。自宅に届いたばかりの制服を着た画像を、親戚一同に見せてくれました。
初めての制服を着た彼は、少し緊張した面持ちで写っていましたが「ネクタイが似合っていて大人っぽいね」と私が言うと、誇らしげに大きく頷くのでした。 そんな彼の姿からは、制服を着ることで、自分自身が次のステップへと進んでいく決意のようなものを感じました。
お店や企業など、ユーザーズレポートの取材先では「制服で自分のスイッチがOFFからONへと切り替えられる」とか「ユニフォームを着ると“仕事を頑張るぞ”という気持ちになる」といった言葉を、 従業員の方々からよく聞くのです。経営者にとっては、店舗のイメージや職場での作業性を考えてユニフォームを導入しただけだったのかもしれませんが、 実際にはユニフォームこそが従業員たちのモチベーションをアップさせている場合も多いのです。
また、従業員のポジション(仕事内容)によってユニフォームを変えている店舗では「早くあのユニフォームを着られるようになりたい」と目標になっているケースも。 仕事の評価がユニフォーム(制服)という目に見える形で表現されると、やっぱり嬉しいものですよね。 1日のうちの大半は着用して過ごすことになる学校や職場の制服。辛い時も悲しい時も、共に乗り越えてきた相棒だと思うと、なんだか愛着がわいてきませんか? これから新たに制服を着ることになる皆さんにとっても、その出会いが素敵なものでありますように。

WRITER 金子舞衣/コピーライター

2003年よりフリーランスのコピーライターとして活動。2004年に新聞社の産業広告大賞にて銅賞を受賞。ポータルサイトや女性ファッション誌におけるタイアップをはじめ、テーマパーク、化粧品、教育、流通、金融など、あらゆる分野の広告制作に携わる。

こんなところにも!サニクリーン

食店やホテル、オフィスをはじめ、医療現場や食品工場、アミューズメントなど、あらゆる職場に適したユニフォームを取り揃えるサニクリーン。 実際に利用している方のインタビューは「ユーザーレポート」に掲載しています。ユニフォーム選びの参考になさってください。

この記事をシェアする
関連記事
ランキング
お問い合わせお問い合わせ
ユニフォームレンタルに関する各種お問合せや
お見積り、資料請求はこちらから。
営業時間土・日・祝日を除く10:00~16:00