導入事例

職場で、実際にユニフォームレンタルシステムを利用されている
お客様の声をお届けします。
システム導入のリアルな検討資料として、ぜひお役立てください。
スイートピア
介護施設
スイートピア

介護の現場でスタッフをしっかりサポート!
心地いい施設運営のために
ユニフォームレンタルができること

ポロシャツに付いた大きくて深めのポケットはメモ帳や携帯電話を入れるのに便利。
体を動かすことの多い職場なので、汗をかいても快適に働ける吸汗速乾タイプにして正解だったという。
ユニフォームレンタル導入のポイント
  • 施設の特性
    認知症ケアを行なっているため、利用者にもご家族にもスタッフであることを認識してもらうユニフォームが必要。
  • 課題だったこと
    食事介助やトイレ介助など、落ちにくい汚れや目に見えない汚れが付着してしまう環境で、ユニフォームを衛生的に保つこと。
  • 導入のきっかけ
    提携している病院が20 年来サニクリーンを利用していたことがきっかけ。メリットの方がコストを上回っているので満足。

明るく認識しやすいユニフォームで
施設スタッフを判別してもらう

スイートピア
広島にあるデイサービスセンター「スイートピア」では、主に認知症ケアを行なっており、レクリエーションメニューが充実している。「外部ボランティアの講師を招いて、歌や踊りのメニューを多く取り入れています。
認知症の方には、楽しく過ごしていただくことが重要です」と和やかな雰囲気で話す、管理者の末田憲吾さん。ここでは、介護スタッフ、看護職員、生活相談員のすべてが同じユニフォームを着用している。それは、ユニフォームを見て「スイートピア」のスタッフだと認識してもらうためだという。認知症ケアを行なう上では、職種の判別以前に、この施設のスタッフであるかどうかを判別してもらう必要があるからだ。「認知症の方にも、ご家族にも分かりやすくしたいと思いました。ポロシャツの色も認識しやすい色合いにしたんですよ。ユニフォームはスタッフみんなで話し合って決めたのですが、デザインだけでなく機能性も重視しました。吸汗速乾や透け防止機能は女性スタッフがしっかりチェックしていましたよ」と末田さん。施設の明るい雰囲気に合ったユニフォームは、利用者からも好評だと嬉しそうに話してくれた。

洗濯の負担を減らしてスタッフの
職場環境も向上

スイートピア 「集配に伺うと、いつも利用者さんたちの楽しそうな笑い声が聞こえてくるんですよ」 と話す営業担当の神浦さん(サニクリーン中国)。
「スイートピア」がユニフォームレンタルを導入したのは2020年から。それまではスタッフ各自が洗濯していたという。
「個人での洗濯では、どうしても汚れを落としきれなかったり、洗濯頻度を確認できなかったりと、衛生管理が困難でした。スタッフたちは、利用者さんの食事介助やトイレ介助なども行ないますから、落ちにくい汚れや目に見えない汚れが付着してしまう環境です。ユニフォームを衛生的に保つには、プロのクリーニングが必要だと感じました」と末田さん。
提携する病院が20年来サニクリーンを利用していたことから、レンタル導入に踏み切った。「コストに関しても、常にキレイな状態のユニフォームが着られること、サイズ交換や補修があって安心できることなど、メリットの方がコストを上回りましたね」と言う。長期使用により傷んでしまったユニフォームは、補修や買い替えが必要となる。
その点、レンタルシステムならメンテナンスが含まれているのも魅力だというのだ。「利用者さんやご家族と接するため、見た目も大事ですからね。それに、認知症の方は、とても敏感なんです。スタッフ間の微妙な空気も細かく読み取ります。利用者さんに楽しんでもらおうと思ったら、まずはスタッフがいきいきとしていなくてはダメなんですよ。
洗濯の負担がなくなったのは大きいですね」と、おだやかな語り口ながら、しっかりとした信念を感じさせる末田さん。
介護職の人たちにとって、より働きやすい環境を整える一端を、ユニフォームレンタルが担っているのかもしれない。
INFORMATION
スイートピア
住所
広島県広島市西区天満町18-8
TEL
082-293-7667
営業時間
9:00 ~ 17:00
ホームページ
https://www.koujinkai.org
スイートピア
この記事をシェアする
お問い合わせお問い合わせ
ユニフォームレンタルに関する各種お問合せや
お見積り、資料請求はこちらから。
営業時間土・日・祝日を除く10:00~16:00