導入事例

職場で、実際にユニフォームレンタルシステムを利用されている
お客様の声をお届けします。
システム導入のリアルな検討資料として、ぜひお役立てください。
株式会社フレアサービス
食品工場
株式会社フレアサービス

食に関わる企業として衛生的であることが第一。
ユニフォームにも安心・安全を求めた結果、レンタルシステムに。

1 日5,000~ 8,000食を配食。栄養士を10名配置し、高齢者用、幼児用、カロリーや塩分などに制限のあるコントロール食にも365日対応している。 工場内に立ち入るには検便が必須。しっかりとした衛生管理がされている。そのため、撮影もガラス窓越しに。
ユニフォームレンタル導入のポイント
  • 工場の方針
    “お客さまの口に入る食事を作っている” という意識を強く持ち、衛生管理を徹底している。
  • 導入のきっかけ
    高温で洗うプロのクリーニングで衛生的。洗濯回数も管理できることからレンタルシステムに決めた。
  • ユニフォームのこだわり
    異物混入のリスクを避けられる機能性に優れたユニフォームを採用。着る順番も厳守している。

高温で洗濯するプロの
クリーニングだからより高い衛生レベルを保てる

株式会社フレアサービス 上着にコイルファスナー を採用。ファスナーがコ イル状に連続しているか ら、取れて落ちる心配が ない。帽子にはマスクの ゴムをかけるためのパー ツも。写真の佐藤施設長 をはじめ、従業員はユニ フォームの機能とその重 要性を知っている。
雄大な大雪山に抱かれた自然ゆたかな北海道・旭川は都市機能も充実。北海道内では札幌に次ぐ第2位の人口規模を誇る。
その旭川を拠点に、高齢者介護・障がい者施設や保育園・幼稚園、個人宅などに、安心・安全・美味しい食を提供している「株式会社フレアサービス」。
高い衛生レベルを求め、使用しているのがユニフォームレンタルだ。
「以前はユニフォームを従業員が持ち帰り、自宅で洗濯していたんです。
でも、洗濯を従業員に任せてしまうと、汚れをキレイに落とせたかどうか? どれくらいの頻度で洗濯しているのか? など、確認したり管理したりするのが難しいんです。私たちは食に関わる企業として、衛生的であることを第一に考える必要があります。ユニフォームレンタルには定期的なプロのクリーニングがありますよね。
洗濯回数も管理できますし、家庭用の洗濯機と違って高温で洗濯するプロのクリーニングだから、より高い衛生レベルを保てると考えたのです」と、ユニフォームレンタル導入のきっかけを教えてくれた総務課リーダー加野美恵子さん。
営業担当者の印象が良かったことと、納得のできる機能性を備えたユニフォームの提案があったことから、サニクリーンに決めたという。

異物混入リスクを避けられるユニフォームで食の安全を守る

株式会社フレアサービス 総務課リーダー加野美恵 子さん。事務職の制服も サニクリーンで購入して いる。
「フレアサービス」では、お客さまの口に入る食事を作っているという意識がとても強い。
衛生的な環境で食事を作るため、工場設備や従業員の健康チェックを徹底して行う。ユニフォームに求められるのは、衛生的であることに加え、異物混入のリスクを避けられる機能だ。
「異物混入は絶対にあってはならないことです。髪の毛1本でも大問題です。当社で採用しているのは、もし髪の毛が抜けても帽子から制服の上着の中に入り、足元まで外に出ることのない構造になっているユニフォームです。帽子に顔まわりから襟元まで長い布地たれが付いていて、それを上着の中に仕舞います。上着の袖と身頃の裾、ズボンの裾には内側にネットがあり、手首・足首部分はキュッと締まったデザインになっているので、抜けた髪の毛や体毛がユニフォームの外に出るのを防ぐのです。
株式会社フレアサービス ユーザーのニーズや、栄養価を考え、さらに衛生に細心の 注意を払って「食」を提供している。
異物混入リスクを避けられます」と加野さん。ユニフォームの機能をちゃんと活かすためには着る順番が決まっており、従業員たちは厳守している。

回収時には汚れの種類別にユニフォームを仕分け。
どんな汚れもキレイに落とす

株式会社フレアサービス 配食している幼稚園の子ども達から寄せられたメッセージ の数々。個人宅食の場合は高齢者の見守り確認も含めて、 離れて暮らす親族から頼まれるケースがあるという。
従業員の仕事は、調理、プレパレーション(食材のカット・盛り付け)、パック、洗浄と4つに分かれており、担当する仕事によってユニフォームの汚れの種類は違ってくる。

「調理の場合は油がはねた汚れ、盛り付けでは調味料や汁がこぼれて付着するなど、袖や胸がどうしても汚れるんです。でも、そういった汚れもサニクリーンから戻ってきた時はキレイになっています!」と、クリーニングの仕上がりに満足しているという加野さん。

実は、ユニフォームを回収する時に営業担当者が汚れを見て、汚れの種類別に仕分けていることを伝えると、「そうでしたか!知りませんでした!!丁寧なお仕事をされているんですね」と驚いていた。
そして、「いつもこちらの要望をよく聞いてくれて助かっているんです。

弊社は高校生のインターンシップや業者の見学など、一時的に必要なユニフォームが増える場合があるんですね。
株式会社フレアサービス 玄関マットもサニクリーンのレンタルサービスを利用。
その対応も迅速にしてくれます。また、研修を行う時にユニフォームのこと以外で相談させてもらったこともあるのですが、その時にも力を貸してくれて、すごく有難かったです。今後も宜しくお願いします」と加野さんは嬉しそうに言ってくれた。
食の安全を守る高い意識があるからこそ、当然ユニフォームに求められるレベルも高くなる。それに応えるユニフォームレンタルも、食の安全の一端を担っているのだ。

株式会社フレアサービス

サニクリーン北海道の新田さんから「こちらの食事は美味しいと評判なんですよ」と伝えられ笑顔の加野さん。「ありがとうござ います! ランチ用に注文する従業員も多いんですよ」と教えてくれた。

INFORMATION
株式会社フレアサービス
住所
北海道旭川市永山北1条10丁目4 ー6
TEL
0120-39-8981(個人向け)
0120-20-8981(法人向け)
ホームページ
http://www.flare.co.jp/
株式会社フレアサービス
この記事をシェアする
お問い合わせお問い合わせ
ユニフォームレンタルに関する各種お問合せや
お見積り、資料請求はこちらから。
営業時間土・日・祝日を除く10:00~16:00